ほげほげ株日記

毎日コツコツ積み立て 個別株も触ります

残響のテロルをみた

どうも、在宅系アニメ君えびです
夏っぽいということで夏っぽいアニメを探しました(〇泉構文っぽい)

terror-in-tokyo.com

選んだのは残響のテロル、2014年にノイタミナで放送されていたオリジナルのサスペンスもの。
ノイタミナって名作って呼ばれる作品多いですよね、君嘘とかあの花、刀語もか

 

 感想

終わった後に余韻が残り、すこし考えさせられるとてもよくまとまった素晴らしいアニメだと感じました。

 

 思ったこと

物語の展開、爆弾テロを仕掛ける主人公側と追う警察の頭脳戦が面白かったです。主人公はギリシャ神話になぞらえたなぞなぞを爆弾のしかけた場所のヒントを警察側に出し、テロを起こしてました。

その一連のなぞなぞが主人公の取り巻いている環境の暗喩であることを示唆していたので、話が進むにつれつれ主人公の背景、目的に迫っていることをひしひしと感じました。

 

また、このアニメを面白くしているキーマンはヒロインだと感じました。彼女は弱い立場にあり学校にも家にも居場所がなく、彼女自身の意思さえもありませんでした。しかし、テロリストである主人公と関わることにより自分の意思を明確に把握し、不器用ながらも前に進み始めました。

彼女の意思を感じた主人公は人間への信頼とは逆の感情を持ちながらも、彼女を仲間に引き入れ行動を共にしました。その結果として様々な想定外を引き起こしてしまっていましたが、テロリストに加担する一般人というのは大変スリルがあり見てる側としては大変面白かったです。 

 次回

 今回はサスペンスものを見て刺激が強かったので、つぎはゆるゆる系のあまり考えなくていいアニメを見たいと思います。
ノイタミナ枠のアニメも見直したくなってきたな、、、